Happa-fun Site
編集長サルとはっぱママの日常をつづったブログサイト
Diary / ダイアリー

2024年ホタルイカ ワイワイと再度獲りに 

[vkExUnit_ad area=before]

2024年4月7日に、ホタルイカを獲りにいきました。

前回と同じ装備で行ったため、新しく揃えるものはありませんでした。

晴天の新月の日となりました。気温も10℃程度と絶好のホタルイカ獲りに適した日になりました。

本日の釣果

ホタルイカ   約70匹

釣り記録

今回も富山湾でホタルイカ獲りを

4月7日 1:00-4:30 の3時間30分程度、楽しみました。

海岸に到着すると、早速、問題発生。

海岸の駐車場は満車で、ようやく停めることができ、

浜辺に行くと、人で溢れていました。体感では200人程度いるのではないでしょうか。

海に入りホタルイカを探す人、ホタルイカの来るスポットを探し浜辺を歩く人

ホタルイカが来る時間帯までクーラーボックスを椅子に待つ人だけでなく、

浜辺でアウトドアチェアーを出して談笑する人や、

キャンプファイヤーをして暖をとりながら楽しんでいる人もいました。

色んなスタイルの方がいました。

もちろん、車の中でホタルイカが来そうな時間まで待機する人や、

体が冷えて一旦、ラーメンなど食事、軽食をとりに行く人、今日は帰宅する人など

それぞれで思い思いの行動を取っている感じでした。

人は入れ替わり立ち替わりで、常時、200人程度いるような感じでした。

今回おもしろかったのが、状況判断です。

最初、海辺まで行き、友達が海に入ろうとしましたが、「ちょっと待って!」。

少し立ち止まって様子を見ると、

海に入っている人の網が上空で止まっていて(全く動いてなく)、人も止まることなく動き続けてます。

ホタルイカがいない状況です。

迂闊に海に入らずに、浜辺を歩いてみました。どこも同じような雰囲気で、いそうにないです。

端から端まで歩くと少し動きが、最北端の位置に人だかりができました。浜辺とテトラポットの細い隙間に集まっています。

少しホタルイカが流れきているようです。

3:00頃、我らも早速、入水し現場に直行してみます。

いました。ホタルイカです。

今回は水深が深く、砂底付近にいるので、

よく探さないとホタルイカを見つけられない状況でした。

前回のような爆沸きではないですが、砂底付近でヒュンヒュン気持ちよく泳いでいます。

1時間ちょっとで、友達含め200匹弱の捕獲に成功しました。

今回は、人だかりが出来ていたことで、混んでてやりづらいではなく、

ホタルイカの集まるポイントをしっかり探る事で、しっかり成果が出せたように感じました。

普段、海釣りする友達からは、「集まるポイントとタイミング」を釣りでは大切にしているようで、その観点からはホタルイカのタイミングが計りづらいようでした。

(今回は、多くの人の反応を視覚的に捉えられたので、わかりやすかったですが・・・)

≪参考資料≫

・【10,000円でそろう】ホタルイカ獲りに使用した装備

ホタルイカ獲り 準備するもの | はっぱファン(Happa-fun)‐公式ブログ‐

・【新月に集まる!?】ホタルイカの行動習性

ホタルイカ 豆知識 | はっぱファン(Happa-fun)‐公式ブログ‐

Follow me!

[vkExUnit_ad area=after]
ABOUT ME
編集長 サル
何気ない日々の伝えたい、忘れたくない事を中心にブログを執筆中。 日々の生活の中で、ささやかな体験や気になる情報をお届けできればと思います。 このブログを通して、お互いに気づき、共感できることがあると幸いです。
PAGE TOP